動きやすい前掛け

2011年09月13日

今日はずーーーっと雨でしたね
今週末もいろいろなところでイベントが行われる岩手
お天気が気になるところです・・・
でも、雨だから味わえるイベントの風景もあると思うので
それはそれで、楽しみの一つ!
みなさん、三連休の予定は決まりましたか?

さて、まだまだ作業や準備がてんてこ舞いの道具屋
家の洗濯も溜まってまいりました・・・
しゃがんだり、立ったり、走り回ったり
そんな忙しい方にも、なかなか使い勝手の良いアイテムのご紹介です

「帆前掛長寸1ポケ付」  ¥3150
日本製(愛知県)  純綿:紺色

室町時代に古くなった帆を切って前掛にしたことが始まり
テント、靴、カバンなどにも使われる素材の帆布は、太い綿糸を密に平織りしたもので、帆前掛には裾を切るだけで仕上がるように織った生地を使い、帯紐も細巾織物を使用
重い荷物を移動する現場で、長く愛用され、大正時代には現在に近い形のものが流通し、昭和に入って膝丈で印染めのデザインが定着したそうです

 

ポケットが1つ付いていて、メモやペンを入れたりも出来ます
そして、長めなこの前掛けの良いところは・・・

重い荷物を肩に担ぐときに、服が汚れないようにカバーする役目があるんです!

 

酒屋さんや八百屋さんなどが、担いで走り回る姿が浮かびます

そしてこちら、
横から見るとこんな感じなのですが
この作りが、動きやすいのです

しゃがんでも、
足に前掛けがまとわり付きません!

あまり気づきにくい所ですが、
これぐらいのロング丈のエプロンで
汚れをカバーしようとすると
家事をする時など、とても
しゃがみ辛かったりするものです

しかし、この前掛けなら
ストレスフリーで汚れもカバー!

一応、女性が着けると
こんな感じです

「へい!いらっしゃい!」的な
チャキチャキと家事ができそうな
気分にさせてくれます

 

 

今日も、お祝いいただきました
怜央くん、菊地夫妻 ありがとう!

2011年09月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ