陶芸作家: 岩田智子さん

2016年06月05日

今日の盛岡

晴    高25℃ 低16℃

 

先日、栃木・埼玉方面へ行った際

さいたま県行田市にある「ツキモバザール」さん店舗へ寄ったのですが、

ツキモさんの店舗は

昔からある2軒つづきの長屋

 

そして、お隣の長屋には

陶芸作家の『岩田 智子』さんの工房があります

 

学生時代は絵画を専攻していた岩田さん

土と言うキャンパスに変えてからも

草花を飾る「花器」を多く製作されるそうです

 

「ロクロ」ではなく、すべて「てびねり」で製作

時間のかかる技法ですが、

それぞれの土やその時の感覚で出来るカタチにこだわっています 

 

「道の脇に生えている、ただの草でも気軽に生けれる花器を作りたかった」

と、岩田さん

いろいろな表情をもつ岩田さんの陶器は

素朴な草花をとても引き立てます

 

*******************************************************

<プロフィール>
1977 さいたま県生まれ
2000 沖縄県立芸術大学美術工芸学部絵画専攻 卒業
2006 常滑市立陶芸研究所 修了
’    愛知県常滑市にて製作
2007 12月より制作場所をさいたま県行田市に移す

 

 

 

岩田さんの、こちらのシリーズの花器は

置く向きを限定していません

上に向けたり、正面に向けたり

生ける草花やその日の気分で、お好きなように

 

「くさのうつわ」
上から

*CHIBICHIBI ¥1,728

*CHIBI    ¥2,700

*7×7     ¥3,024

 

 

一番最初の花器に生けている「草」は

雑草と言われる「スギナ」

一つまみ生けただけですが、涼しげに見えます

 

こちらは、

岩田さんの工房

 

並ぶと、街並み みたいで

なんか素敵です

 

その他にも、大きな花器や器、オブジェなども作られています

 

草花を連想させられる陶器ですが

「渋さ」や「朽ち感」が

かっこいいなぁ  としみじみ思います

 

お花に疎い!という男性でも

足元に生えている草を生けるだけで、素敵になりますよー

 

 

明日の盛岡

晴    高25℃ 低11℃

 

 

2016年06月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ