Kチェア

2013年11月30日

今日の盛岡

   雨 時々 くもり    高 4℃  低 -1℃

午後、カリモク60 Kチェア2シータースタンダードブラックの配達で
(写真はカメラを持って行くのを忘れありません・・・)
盛南地区に行ってきました。

実家に帰るときや買い物で通る事がありますが、
行く度に、お店が増えてたり
前にあった道が通れなくなってたり、道が増えたり
ドンドン開発されていますね。

道具屋カーのナビは古いので田んぼの中、案内していました・・・

本日は、「Kチェア」について

このKチェア、60年代から作り始められ
現代まで作り続けられ、様々な方に使われ続けているのには
品質・デザイン・サイズといった理由があります。

 

まず、サイズ・・・

通常、ソファ全体の奥行は90cm位のタイプが多いですが、
Kチェアですと、70cmになっています。

 

 

これは、60年代の住宅環境などが理由ですが
ソファでお部屋のスペースをとることなく、

狭い空間でも、圧迫感なく広く使えます。
また、お部屋のレイアウトが変えやすいのが特徴です。

 

70cmの奥行ながらも
背もたれ部分・座面部分の傾きや、
クッション材の厚さなどで
大人2人でもゆったりとくつろげるソファになっています。

また、Kチェアはノックダウン構造・組み立て式になっています。

5つのパーツから構成されていますが、
パーツごとに買換えが可能です

 

 

何年・何十年と使っていて、
どこかのパーツだけがヘタってしまった場合
使い物にならず捨てるのではなく、
そこのパーツだけ購入すれば、またヘタりのないソファに戻り
末永く使えます。

 

 

今日は、サイズ・ノックダウン構造・パーツ交換についてでしたが
また日を改めて品質などについてご紹介します。

 

明日の盛岡

   雨 のち 晴    高 8℃   低 1℃

2013年11月 | 日誌

ページの先頭へ