繊細な作業

2011年02月26日

先日の定休日に、道具屋にほど近い滝沢村穴口にある
みたけの園内「工房 来夢」さんに行ってきました

今回、見学させてもらったのは
廃ガラスを利用して作った「ガラスのプッシュピン」
一つ一つ、同じサイズに切り
一つ一つ、丁寧に絵を書いて色を塗り
一つ一つ、綺麗に並べて焼き
一つ一つ、ピンの形にしていきます

かわいらしい絵や、鮮やかだったり独創的な色付けが
一センチ四方のキャンバスの中に、ぎゅっと詰まっています

ガラスを切る人
ガラスを削る人
ラッピングする人
絵付けをする人

みんな、真剣に丁寧に作業をしていました
特に、絵付けをしている方の筆使いは職人技です
細い細い筆で何色もの色を枠をはみ出すことなく塗る繊細さ
すごい集中力と技だなと!
見習いたいものです・・・

 

 

 

雨のシリーズ

 

 

 

鳥のシリーズ

 

 

 

犬のシリーズ

他にも、いろいろな柄や絵がいっぱいありました

どれにしようか数時間悩み
今回は、数点連れてきました
道具屋でも、3個セットと5個セットで販売しております

いろいろな技術を持っていて、ガラスの可能性を見いだせる来夢さん
リサイクルガラスを使用し、地球にもやさしい商品を
今後もいろいろと企画できればと
妄想が膨らむ道具屋でした・・・

2011年02月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ