バス時計

2012年02月05日

今日の盛岡

   はれ    高 0℃  低-4℃

 

今日は久しぶりに晴れて、暖かい?!一日でした

そんな日はみなさんお出かけしたくなりますよね
昨日からは雫石の小岩井農場では、『岩手雪まつり』もはじまってますし!
雪道が怖くって・・・という方は
バスも出ているので利用するのもいいと思います

さて、みなさん
バスに付いている時計って思い出せますか?
今はないかもしれませんが
昔は、こんな時計が付いていたんですよ

「SEIKO 掛時計」  ¥15750
サイズ: 直径 約23.2㎝ 奥行6.3㎝
材質: 枠/スチール  全面/ガラス 
スイーブムーブメント

元は船舶用の時計
裏蓋がゴムパッキンになっているので埃や塵など防ぐ構造で
ちょっと前までのバスの中でも見かけられ
通称『バス時計』と呼ばれてる、プロユース使用の掛時計です

1964年から40年以上も発売されている
ロングセラーモデルです
長年愛され続けた形は、
ノスタルジック感を出した薄いグリーンの金属枠と
クリーム色に、ちょっと浮き出た文字盤
遠くからでもはっきり見える視認性があり
デザイン性と実用性を兼ねております

かわいいけどかっこいい
ナチュラルにもジャンクなお部屋にも
男子も女子にもおすすめです

裏の周りはゴムパッキンで覆われているので
ゴミも入りません
また、壁にぴったりとフィットし船舶などで揺れても落ちにくいフックです

作業場やガレージ、外に面した場所、油などが気になるキッチンなど
汚れが気になる所でもお使いいただけます

横のネジを緩めると蓋が開きます

電池は単三
昔は単一だったようですよ

大きすぎないサイズが
お部屋のインテリアの邪魔にもなりませんし
厚みがある形が、ちゃんと存在感を主張します

針は『カチカチ』と音のしない秒針なので
寝室や勉強部屋でも安心してお使いいただけます

こんな風に、私たちの日常に
溶け込んでいた時計

ずっと変わらないデザインの時計…
今でも錆や傷が付いたこのバス時計を愛用されている方もいらっしゃいます

ちょっとお高い時計ではありますが
シンプルで飽きのこないデザインは
ずっと、あなたのお家で
時を刻み続けてくれることでしょう

 

 

明日の盛岡

くもり 高1℃ 低-6℃

2012年02月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ