敵はまだ健在

2012年09月16日

++++++++++++++++++++++++++

お知らせ

明日は 12:00開店です

 

よろしくお願いします

++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

今日の盛岡

晴   高33℃ 低24℃

 

 

暑いです
一応 秋なので、タンクトップ→半そで に変え
素足+サンダル→靴下+靴 に変えただけなのですが、、、

暑いです

この前も、素足で草原に散歩に出かけたのですが
数分で、5カ所も刺されてしまいました
涼しいし、秋だからと 甘く見ていました

やつらは、まだまだ健在です!

 

これから涼しくなって
ピクニックや芋の子会、バーベキューなどで
自然と戯れる機会もまだまだ多いと思いますが
そんなアウトドアーな方にも
ゆっくり寛ぎながらお家で過ごすインドアーな方にも
どちらにもおすすめの道具のご紹介です

 

 

 

「りんねしゃ 菊花せんこう」 ¥725
原 料:除虫菊 薄荷 白樺木粉 タブ粉 澱粉 総ビレトリン0.1%
”    着色料 防腐剤不使用
内容量:32巻 燃焼時間1巻 約3時間

 

昔ながらの植物 除虫菊が原料の天然成分で作られています
「殺虫」ではなく「忌避」を目的としているので、
小さな子供やお年寄り、ペットのいるご家庭でも安心して使えます

 

一般市販品のように合成ピレスロイド系アレスリン殺虫成分など、不安な農薬類を添加していない植物原料のみの製品ですので安全・安心です

一般的に「蚊取り線香」として販売されているものの多くが
農薬や殺虫剤に使われる成分が合成されています
この「菊花せんこう」は虫を殺すのではなく、
虫が嫌がる煙を焚くことで、虫を退避させる効果があります

 

 

愛知県の「りんねしゃ」で育てた育苗を北海道滝上町で定植し育て
製粉して原料を作ります
また、原料に入っている「薄荷(ハッカ)」は同じ北海道滝上町で
栽培から精油抽出を一貫して行っており
精油の蒸留は、珍しい水蒸気蒸留釜を使って行われているそうです

 

今では絶滅に近くなってしまった日本の原料作物の
「除草菊」と「和製薄荷」
りんねしゃは、地元のひとたちと協力し原種保存をめざし
商品化をすすめています

 

 

化学成分を一切使用していないため
茶色いこの色は、原料そのままの色です

 

わたしたちも使用しておりますが
「蚊よけ」の為というよりも、なんといっても「香り」!
これがたまらなく好きなんです
とても落ち着く香りで、
田舎のおばあちゃん家で子供の頃遊んでいた事を思い出すような
とても「懐かしい」香りです
ですので、蚊のいない時期にもたまにお香代わりに焚いたりしますよ

 

インテリアにもなるような、おしゃれな角型
お客様を迎えるのにも最適
ちょっとだけ焚きたい方にもおすすめです

 

実は、夏の始まりに販売はしていたのですが
入荷してもすぐに売り切れており
ご紹介がだいぶ遅くなってしまいました
まだまだ油断していると刺されるかもしれないこの時期はもちろん
心を落ち着かせたい時などの「お香」代わりとしても
まだまだ活躍しますよ~

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++

お知らせ

明日の開店時間変更

12:00~の開店

 

よろしくお願いします

+++++++++++++++++++++++++++++

 

明日の盛岡

晴 のち くもり     高32℃ 低24℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年09月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ