カフェオレボウルと茶碗

2011年02月22日

今日も、快晴
道具屋の庭からは雲一つない空に、これでもかってくらい飛行機雲が
1本2本3本と線を書いていました
まだ、ちょっと肌寒いですが気持ちがいい一日でした
花粉症ではないわたしは、春が待ちどおしいです!
午前中は、薪ストーブではまだまだ暖まらない店内より、
南側にあるウッドデッキの方が、本当にぽかぽかしていて
ほっこりお茶をするのにいい気温でした

 

そんな時に、おすすめしたい道具のご紹介

 

「カフェオレボウル」  ¥3150

たっぷり入って、手に丁度おさまるくらいの大きさのカフェボウル
ミルクたっぷりでごくごく飲むのもよし
本を読んで日向ぼっこしながら、ゆっくりと一冊読み終えるのもよし
また、小丼ぶりぐらいの大きさなので、具だくさんのスープや
サラダなんか盛ってみても・・・

使い勝手の良い器です

 

右側:「お茶碗」   ¥1785

左側はカフェオレボウル
大きさはこれくらい違います

こちらも浅からず、深からず、大きからず、小さからず
一膳っていうのに丁度いい量が入りそうな大きさです
青い器ですが、中はベージュ色の貫入が入った優しい色です

 

 

カフェオエボウルもお茶碗も高台が高めなので、
お茶碗は特に指がすっと入り、とても持ち上げやすいです

「てまる」の木のお椀と
「田中一光」さんのお茶碗

手作りの温かみのあるもの同士は
食卓に並べるだけで
ほっこりしちゃいます

伊藤まさこさんの
「信州ハンドクラフト手帖」に
田中さんのカフェオレボウルが
紹介されています

 

『気に入った道具を見つけると
  毎日の生活が
     こんなにも楽しくなる』

 

まさに、そのとおりですよね

嫌いな料理もしたくなる
嫌いな食べ物もおいしそうに見える
今度は何を盛ろうかワクワクする
新しい発見をする

手にした時から、
楽しくなる道具を紹介していきたいです

2011年02月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ