渋川工房さんの文具

2013年04月30日

今日の盛岡

雨 ときどき 晴   高17℃ 低8℃

 

 

 

古道具を扱っていて思うのですが
やはり無垢の木というものは
どんなに月日が経っていても、
経年変化という、どうにも代えがたい「美」があります

それは、使用感が出れば出るほど「味」となって
他にはない雰囲気と質感が、「古いモノ」でも「欲しいモノ」になり
また、新しい無垢を育てる楽しみがあるものだと思います

 

そんな無垢の素材で作った「渋川工房」さんの文具をご紹介

 

 

 

『メモ帳』 ¥1100
素 材:無垢材(いろいろな木)
サイズ:横12.5cm 縦17cm 厚1.2cm
渋川工房 作

 

青空商店でも出店していただいている「渋川工房」さん
普段は、家具などを作っていらっしゃいますが
ちょっと楽しくなる道具として、メモ帳を作ってくれました

 

こちら、ちょうどA4コピー用紙を四等分したサイズ
きれいに収まるようになっています
穴の位置は、通常の穴あけパンチサイズです

 

いろいろな種類の木
いろいろな木目や節があったり、なかったり
同じものは一つとしてありません

 

使い込むほどに色が変化し、馴染んでいきます
ずっと使い続けられる道具として
卓上の上に、さりげなく置いてください

 

 

 

分解するとこんな感じです

紙の厚さは、最大1.3cmまで挟む事が可能です
ネジ部分は本体に固定されているので、抜けることはありません

 

 

お好きな木を
ガシガシ使って、ご自分だけのメモ帳に育てて下さい

 

 

明日の盛岡

くもり ときどき 雨   高10℃ 低8℃

 

 

 

 

2013年04月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ