うすはり

2013年12月17日

今日の盛岡

  晴       高6℃ 低-2℃

 

 

久しぶりの晴れ間に、雪も溶けてくれるといいのですが・・・

 

忘年会も既に終わったという方も多いようですが

帰省した友達とや

家族・親戚となど

まだまだ飲む機会も多い年末~年始

 

今年の自分に労いを込めて・・・・

新年の自分に気合を込めて・・・・

 

飲むお酒も格段とアップする道具のご紹介です

 

 

---------------------------------------------------------------

創業大正十一年 「松徳硝子」

『うすはり』

 

電球用ガラスの生産工場として創業していた松徳硝子

電球製造で培った薄拭きの技術に磨きをかけ
5/100ミリを追求する精密機械の様な職人の手仕事「うすはり」

 

「うすはり」はその薄さから、
グラスが唇に触れた時の異物感が限りなく少なく
お酒を繊細により美味しく、
そして美しく楽しめるグラスとして
お酒に強いこだわりを持つ方、料亭、割烹、レストラン、バーなどにおいて
広く愛用されています

また、飲み物が持つ本来の色味を
ありのまま表現するグラスです

 

 

手仕事とは思えないほどの
繊細でシンプルな造形美

特別な方へ・・・

特別な日に・・・

なんでもない日を特別な日へ・・・

 

 

自分用、ギフトにもおすすめです

 

 

 

左:「麦酒晩酌揃」 ¥2940
  うすはりタンブラーL、柿ピー小鉢 各1個

 サイズ:うすはりタンブラーL/口径7㎝ 高13.5㎝ 375cc
      柿ピー小鉢/口径7.8㎝ 高4㎝

 

ビールグラスとして人気のタンブラーLと
おつまみを入れるのに最適な小鉢がセットになっています

「柿ピー小鉢」には、
『亀田の柿の種6袋詰』個袋1袋が
ぴったり入る大きさをコンセプトに設計されています

ちょっぴり贅沢な時間を演出するビール道の新作法です

 

 

右:「大吟醸」 ¥1785

  サイズ:口径5.4㎝ 高9㎝ 250cc
  用 途:冷酒(吟醸酒用)

 

香りが飛び過ぎないように設計された
シャープな口元

職人による手仕事で施された「底の突起」は
軽くグラスを傾け、ゆっくり回すことで
吟醸酒の芳醇な味と香りを堪能する事ができます

 

日本酒のプロである
蔵元、酒店、料理人さんからも高い評価があるグラスです

 

 

こちらの2点は

「木箱」入り となります

 

 

左:「タンブラー M」 ¥1260
  サイズ:口径6.5㎝ 高11.5㎝ 260cc

 

うすはりシリーズの代表格のタンブラー

麦酒晩酌セットのタンブラーより一回り小さいサイズの単品です
あまり飲まない方や瓶ビール派の方
ロックやジュースなどを飲まれる方におすすめです

 

 

右:「ワイン」 ¥1995
  サイズ:口径7㎝ 高8㎝ 200cc
  用 途:ワイン、日常用として多用途に

 

和のお膳に合うデザインと、
洗い易さを考慮し
ステム(脚)を台座に置き換えたワイングラスです

 

卓上でのワイングラスとしてはもちろん
冷酒・リキュール等の食前酒
ウォーターグラス等
日常用グラスとしても
便利にお使い頂けるグラスです

 

 

 

左--→通常よくあるグラスの厚み(約2mm)

右--→「うすはり」の厚み(約1mm)

 

実際、見て触ると
驚くほどの「薄さ」と「軽さ」です

 

「割れやすいのではないか?」

「扱いが大変そう」

 

はい、
その通りです

 

やはり通常のグラスに比べてしまえば
割れやすいですし、気を付けて扱う事になります

そうは言っても、
「割れやすい」わけではなく
ちょっと「気を使ってあげる」だけで
長くお使いいただけます

 

気を付けて扱う事による特別感
「割れることを承知で使用する」贅沢感

これは、口当たりの良さも手伝い
なにより飲み物の邪魔をしないので
とても美味しく飲めるのではないでょうか

 

 

 

明日の盛岡

晴  のち   くもり    高5℃ 低-3℃

 

 

 

2013年12月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ