『ANEMONE』 第4回

2011年01月23日

お馴染み「ANEMONE」さん、第4回目です
始めに、ネックレスのご紹介

 

「オリーブの花つぼみ 1枝」  ¥7140
素材:SV925、金具:SV925
長さ:39cm、トップ:約1.0×4.0cm、アジャスター:6.0cm

初夏に花を咲かせる、オリーブのつぼみです。
小さな1枝に、丸みのあるつぼみがついています。
本物のつぼみは、枝に対してもっと真横を向いてついているのですが、
それよりも枝のラインに沿うようにつけ、やわらかい雰囲気を持たせました。
カットが入った細身のシルバーチェーンと組み合わせた、やわらかくスマートな印象のネックレスです。

着けてみると、首元に沿うようにオリーブの枝が下に垂れます
鎖骨のVのラインに沿っているその感じは、砂時計の砂のような・・・
一しずくの水のような・・・

縦のラインが首元をスマートに見せてくれます

こちらも、しずくのようなラインのピアス

「北の森摘む」  ¥6720
素材:SV925
長さ:1.0×0,6cm(トップ部分) 、6,0cm(チェーン部分)


チェーンピアスの先には、コロッと銀の果実がついています。
チェーンは細いボールチェーン。カットがはいっているのでキラキラときれいです。
長く使っても、半分ぐらいにして後に垂らしても。
モチーフはラズベリー。
子供のころ憧れた北欧の森をイメージして。

 

自分が動くたびに揺れるピアスって

ナゼが無意味に首を動かしたくなります

そして、自分だけ「大人の女」気分に浸る・・・

みなさんは、そんなことはないかもしれませんが、

ゴージャス感は味わえますよね!

こちらは、ブローチシリーズです!

左:「胸元でおしゃべり 中」  ¥2100
素材:真鍮
サイズ:約2.0×2.5cm

漫画のフキダシのようなピンブローチ。
ポロシャツの胸元にいるワンポイントなどの隣につけたら、
しゃべっている様で愛らしいなあ、と思って作りました。
フキダシには、キラキラ模様がそっと入っています。
セリフはいろいろと。今のところ4種類です。けっこう立派なことを言っている子もいます。 
袋の後ろに、和訳がついています

 

右:「煙突の家」  ¥1890
素材:真鍮
サイズ:約1.5×2.5cm

小さな、煙突がある家です。
屋根瓦はウロコ屋根。
煙突とウロコ屋根という組み合わせは、子供のころイメージしていた
外国の家にかならずあったものでした。今も、ついつい作ってしまいます。

道具屋も煙突のある店です
とても、親近感の湧く作品です!

置いているだけでも、絵になっちゃいます
小さいけれど、バックやスカーフ、帽子などにつけても
真鍮がキラキラ輝いてとても存在感を放ちます

ピンバッチの後ろの留め金は
ワンプッシュ(一作業)しないと外れないため、安全です

キャラワッペンのシャツが無かったので
プリントハンカチですが・・・

しゃべっている様にみえちゃいますね
なんか、愛らしいわんこのはずが
大人のわんこに見えてきました・・・

ブローチに書いてあるのは
「私たちは1人1人が王様のような幸せな気分でいなくちゃね」
です
その他、道具屋には全部で3種類の文面があります

 

 

以上が、道具屋にある「ANEMONE」さんの作品の全紹介です
たくさんの想いの詰まった作品は、そこにあるだけで存在感を放ち
道具屋にくるお客様の目や手に触れています
それを身につけたら、きっと自分も素敵な雰囲気を醸し出せるのではないかなと
ウキウキしちゃいます

 

先日、ANEMONE長南さんからのメールに
「東京は満月がきれい」と送られてきたので
丁度、こたつ列車乗車中だった道具屋は
列車からの、満月&夜の海の写真を送りました

岩手と東京、
離れていても満月でつながり、ANEMONEの作品でみんながつながる
当たり前の事ですが、単純に「すごいなぁ」と思っちゃいました

ANEMONEさんのブログにも岩手のこたつ列車紹介してくれていました♪
こうやって、岩手のみなさんといろいろな場所に住む人たちを繋げていける
道具屋でありたいと思います!

2011年01月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ