お箸の作法

2011年04月18日

お箸の作法って難しいですよね・・・
いろいろとタブーがあるようで、
全てを意識しながら食事をするのは大変
ただ、使っていると日本の大事な文化を再認識できる箸だったら
食事も楽しくなりますよね

「UKIHASHI」   ¥840
         竹¥1260

その名の通り、
「ウキハシ」です
箸置きのいらない箸
先端が浮いているので、テーブルに触れることがなくお使いいただけます

暖かくなってきた今日この頃・・・
お外でランチをするときも
箸を置くところがなくて、
ぬぶり箸(箸を舐めたり、くわえたり)や
にぎり箸(2本を手で握りしめる)など
器を取るときにしがちなお箸の禁をしなくてすみます!
そもそも、上品な佇まいと凛とした形が美しいお箸ですよ

 

今回は、淡いピンク色の「桜色」と渋い青色の「鉄紺」が仲間入りしました

こちらは、ウキハシの竹の親が登場!

 

料理などを取り分けるときに最適な菜箸サイズ!

天然素材の竹で出来たお箸
親子で揃えて食卓に温かみをプラスしてみては

こうやって置いたら
ウキハシの良さがなくなっちゃうんですけど・・・
すみません

親戚やお友達が集まって大鉢でお料理を出した時
取り箸の置き場によく困り、先に全部取り分けたり
鉢に刺したままになってたり、誰かの小皿にもたれかかってたり・・・
そんな事も、これなら気兼ねなく上品に会食できますね!

「UKIHASHI 竹 Lサイズ」  ¥1890

 

 

ちなみに、このウキハシ
持ち運びに便利な携帯ケース付なんですが
持ち歩くときに「カチャカチャ」音が鳴らないように
ケースの一部を狭くしてお箸にフィットするように作られているという
なんとも細かい仕事が出来ているんですねぇ

2011年04月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ