本日の「むす犬」

2011年01月22日

本日は、以前ご来店してくれた小雪」ちゃんのお友達がきてくれました

 

「シュナ」ちゃん

1才 女の子

ミニチュアシュナウザー

 

まだまだ若くて、元気ハツラツ!
写真にも興味深々でした
上手に撮ってあげれなくてごめんね・・・

お顔がやっぱり
かっこいいです

毛艶もとってもきれい!

 

また、遊びにきてくださいね

2011年01月 | 今日の『むす犬』

『ANEMONE』 第3回

2011年01月21日

さて、ANEMONEさんの第三弾です

「海の底の時間」  ¥12600
素材:SV925、エナメル  金具:SV925
長さ:45×8、40×6mm (金具を含む) 

むかし、沈んでしまった花咲く蔓草のアクセサリー。
海の底で長い時間を経ることで、いろいろなものが付いたり、なくなったり。
そんな、時間の経過を表現しました。

シンプルなラインのうえにのる、陶器のような、砂糖が溶けたような
トロリとした質感。独特の、味わいある風合いです。
小さな花がついたピンタイプのピアス。すっきりした耳元になります。

このピアスを見たとき、
子供のころ、浅瀬で流木や貝殻を拾って遊んでいたら、とてもきれいな欠片を見つけた
それは、貝殻なのかサンゴなのか石なのかガラスなのか・・・
ドキドキしてお家に持ち帰り、机の中の大切な箱の中にそっとしまっておいた
そんなことを思い出させてくれる、アンティークのような佇まいにため息がでました

シルバーとエナメル
この素材が、こんなにも柔らかく優しい雰囲気を出すとは感激です

そして、こちらも同じ技法で作られた

「積もる時」 角  ¥13650  

黄色がかったところや、黒く石のような風合いが出たところ、
エナメルが剥がれてシルバーが見えていたり。
どこかで発掘され古ぼけたお店でずっと忘れられていたかのような、
蓄積された時間や空気を感じさせるリングです。

 

こちらはフリーサイズです

男性でも指によっては入ります

男性が着けても違和感なく、

柔らかい中にも力強さがあるリングです

こちらは、このエナメルシリーズの箱

作品の時間の経過のイメージと合わせて
年月が経ったイメージで、これまた長南さんの手作り!
金色に塗って・・・黒に塗って・・・ヤスリで磨いて・・・
ラベルも一枚一枚 貼っています
ラベルは白と言っても茶色の染みがあったり
箱の中は金色で、見えないけど中はゴージャス
大人のかわいさがある箱です
そして、箱の中には作品と一緒に小さな薔薇の実が・・・

包んでいる紙にも細かいディテールが・・・

 

こうやってANEMONEさんの作品の紹介文を書いていると
なぜだか、物語や絵本をみなさんに紹介している気分になってしまいます

なんだか、素敵ですよね

 

ゆっくりと紹介しているうちに、ちょこちょこと作品たちが旅立っていっております
是非、みなさんに見て頂きたいので
気になっている方はお早めに!

2011年01月 | 本日の「道具」

三陸鉄道 「こたつ列車」

2011年01月21日

昨日の定休日
Holzさんに誘って頂き、「こたつ列車」新年会に参加してきました

 

実は、道具屋
前日かなり飲み過ぎてしまい、宮古駅17:10発とう余裕な時間にも関らず
寝坊という失態をおかしまして・・・
本当、ギリギリで乗車いたしました
駅前の駐車場に止めて、猛ダッシュ!
「急いでぇ~」の声の元へ猛ダッシュ!
滑り込みセーフ!
車掌さんの「もう、直ぐに出発しますからっ!」の声に、
『間に合ってはいなかったのでは・・・』と申し訳ない気持ちでいっぱいいっぱいで乗り込みました

 

でも、こたつ列車に乗れたんです

文字でごまかすつもりはありませんよ

 

 

 

これが、こたつ列車さん

 

 

 

宮古をちゃんと出発

 

 

途中の駅も

なかなかの風情

飲み物・食べ物持参での参加でしたが

滑り込みで、手ぶら乗車の私たちに

みなさんからの差し入れ・・・

本当に、人間っていいなぁ(日本昔話のようですが)

と、人情を肌で感じました

車内の様子

こたつがずらっと並んでいて、本当に暖かい!
宮古発→田野畑駅→宮古着 で、うっすら汗かきました
なんとも、田舎のばあちゃん家に帰ったようなほっこり和みの空間でした

2時間ぐらいの乗車でしたが、あっという間に感じましたよ
一両貸なのでお値段も、人数が増えれば増えるだけお安くなるようです
詳しくは、ホルツさんブログに書いていらっしゃいます!

 

ちなみに、道中
宮古へ行く峠は、雪もそんなに無く道路も走りやすかった
田野畑は、雪がない!家の屋根に雪がまったくなかった
満月と海のコラボは、夜の海が怖いわたしでも、美しいと思えた

 

こたつ列車 おすすめです

2011年01月 | 日誌

『ANEMONE』 第2回

2011年01月19日

本日も『ANEMONE』さんのアクセサリーのご紹介です

「1つの言葉」    ¥4200
素材:真鍮、パール  金具:SV925
長さ:約39cm、アジャスター:6.0cm トップ:約1.2×1.2cm


花びらの形のようなパールと、それに合わせた真鍮のプレートをセットにした
ネックレスです。プレートにはポルトガル語の言葉が刻印されています。
ほんの1つ、言葉を身につけて。

花びらのような真珠は、ひとつひとつ形がちがいます
丸かったり、すらっとしていたり・・・
自分だけの言葉と、自分だけの真珠を身につけてお出かけしたくなりますね

小さな小さなボールチェーンが、ミラーボールのように光に反射してキラキラ光るので、
繊細で華奢なネックレスなのに、動くたびにとても存在感を放ちますよ

 

「1つの言葉」のネックレスには、たくさんの言葉があります

  ・JANELA(窓)        →道具屋に有り
  ・COLHER(収穫する)    →道具屋に有り
  ・FAROL(灯台)             →道具屋に有り
  ・NAVIO(船)
  ・ABRIR(開く)

  ・TUDO(すべて)
  ・OTIMO(最高の) 
  ・PURO(純粋な)
  ・FIO(糸)
  ・AVE(鳥)
  ・DESEJO(希望)
  ・PURO(純粋な)
  ・ASA(つばさ)
  ・LUA(月)
  ・VIAGEN(旅)
  

そして、
こちらはお揃いのピアス

「2つの言葉」   ¥4410

こちらも花びらの形のようなパールと、真鍮のプレートをセットにした小ぶりのピアス。
プレートにはポルトガル語の言葉が刻印されていて、いろいろと想像が膨らむような言葉を左右に組み合わせてみてください。

好きな言葉を身につけたり

心に響く言葉を身につけると

なぜか気持ちが強くなるようなきがしますよね

わたしなんかは、 CHUVA(雨)CRIAR(育つ)を座右の銘として

身につけたくなりました・・・(雨女&大きく育ったため)

 

こちらの「2つの言葉」ピアスにも、たくさんの言葉があります

  ・BUSCA(探求する) - RUA(道)    →道具屋に有り
  ・BROTO(育つ) - CHUVA(雨)    →道具屋に有り
  ・LUZ(光) - UNIR(つなぐ)      →道具屋に有り
  ・SONHO(夢) - LUXO(ぜいたくな)
  ・UNIR(つなぐ) - FELIZ(幸せ)
  ・NUVEM(雲) - ESCADA(はしご)
  ・LINDO(美しい) - NOITE(夜)
  ・PELORA(真珠) - CRIAR(育てる)
  ・OVO(卵) - ACHAR(見つける)
  ・ASA(翼) - COM(共に)
  ・BOA - SORTE(2文字で/幸運)
  ・REI(王様) - BEIJO(キス)
  ・FIO(糸) - TECER(織る) 
  ・FELIZ(幸せ) - ABELHA(ミツバチ)
  ・ESTUFA(温室) - SONHO(夢)

 

 

沢山の言葉たちの中で、

今回道具屋には、ネックレスとピアス 
各3種類ずつ入荷しています

 

「他の言葉がほしい!」

「この言葉はないの?」

など、お取り寄せも、プレートの文字のオーダーも出来ます!

ただ、長南さんがおひとりでコツコツと作ってくれているため

納期は店頭やメールにてお問い合わせくださいね

こちらが、ネックレスとピアスの箱です

 

ゴージャス色の金色なのに、品のある艶消し感のある箱

箱の内側のラベルは長南さんが一枚一枚作っています

ネックレスの箱の柄のタイトルは

「しゃぼん玉男の旅」

こういう、箱までこだわって物語のあるものを作られています

箱を手にした時から、

すでに物語が始まっているのですね・・・

 

ピアスの箱のタイトルを聞いてませんでした!
後で聞いてみよー

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お知らせ

       明日は 木曜日   定休日

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2011年01月 | 本日の「道具」

アクセサリー作家 『ANEMONE』 長南さん

2011年01月18日

年末の日誌に書いた、年始に始まる新しいもの・・・

 

入荷いたしました!

 

東京で活動されている、アクセサリー作家の

ANEMONE』長南芳子さん

物語を感じるもの、時間の積み重なりを感じるものに心惹かれ、
ANEMONEの作品も、そのようなものであるようにと心を砕き、日々、ひとりコツコツと制作されています
東京藝術大学工芸科鍛金専攻卒業後、京都・NAPOLI・神戸などに暮らし
東京に戻ってきたのを機に、ANEMONEを始められました

 

長南さんと出会ったのは、
去年の長野のあがたの森で開催された「松本クラフトフェア」でした

天気も良く、並べられている作品がとても輝いていて
作品の素敵さとディスプレイのセンスの良さがとても際立っていました
長南さんのブースはとても人で混んでいて、話しかけるのもやっとでしたが

前を行ったり来たりして道具屋男子がこっそりと、プレゼントを買ってくれていました

盛岡に帰ってきてからも、ANEMONEさんの作品を眺めたり、身につけていると
岩手の人にも紹介したいっ
という思いが強くなっていました

長南さんは、とても大切に作品を作られていて
一つ一つに、とても想いを感じます
華奢なのに力強さを感じる
だから、わたしたちは好きなんだと思います

 

一回ではお伝えできないので
これから、少しずつ紹介していこうと思います
今回は、松本で道具屋が購入したもの・・・

 

「どこか遠くにある街」   ¥1470~¥1780

真鍮で出来ている小さなお家型オブジェ

小さいですが、ずっしりとした重さがなんとも気持ちいいのです
どの家のも、長南さんのイメージがあって
ひとつは、小さな街の小さなホテル
朝ごはんがちょっとおいしいそうです

道具屋のショップカードのペーパーウェイトとして使用してますが
沢山揃えて、街並みを作りたいです

 

「オリーブの花つぼみ 1つぶ」  ¥4200

トップのオリーブの花つぼみはシルバーです
チェーンではなく、細い麻糸の組み合わせで遊び心があります
糸は、えんじとオリーブグリーンの2色セットです

気分に応じて、変えられるのでとっても得した気分です
小さいつぼみでひかえめですが、首回りの色つきの麻糸が存在感を出しています

 

 

今日は、オリーブの花つぼみを
えんじの麻糸にして着用してました

 

他作品もゆっくりと
ちゃんと、お伝えしていきますのでお楽しみに!

待ちきれないわ
という方は、店頭で直に手に取って作品をご覧ください

お待ちしております!

2011年01月 | 本日の「道具」

工場系?医療系?

2011年01月17日

メガネをかけて10数年も経つのに、
今朝、顔を洗おうと手にお湯を取り、顔にかけてみると
メガネをしたまま・・・

朝から、自分でもビックリする出来事でした・・・

そして、今日はこの後(只今20:35)日本VSサウジアラビア
ですねぇ~
うぅ~楽しみ!2対1で日本かなぁ(予想)

さて、本題
今日、ご紹介する道具はお部屋をしきったり、コートや照明を
かけられる道具の紹介

 

「 Iron partition 」 2枚 ¥16,380

スチールの質感を活かしたパーテーション
お気に入りのファブリックを掛けてお部屋の間仕切りに使ったり
玄関先でのコート掛けに使ったりと便利です。

空間のサイズに合わせて何枚でも簡単に連結が出来ます。

1枚 ¥8,190
size W400 × D16 × H1600

 

今日も、日本は勝つ!!
香川選手に気持ち良くゴールを決めて欲しいなぁ

2011年01月 | 本日の「道具」

新年会

2011年01月16日

昨晩は、てまるメンバーで新年会

大通りにある「好古」さんで行いました

こちらの手羽が大好物で、日中はずっと手羽が頭をよぎってました

おいしいものと、おいしいお酒と、笑いのある会話

やっぱり飲み会は楽しいですね

こちらの「好古」さんで使われている器は

実は大野木工の木の器

地産地消の食材と岩手の器がとても自然に馴染んでいました

 

右から

岩手県工業技術センター  お馴染み「阿部さん」
(黒柳徹子のものまね中です)

みのり工房        全てにおいて丁寧な「林郷 亨さん」

岩手県工業技術センター  とても頼りになる「八重樫さん」

道具屋

てまるの情報は、飲み会がおおいなぁ・・・!

いやいや、そんなことはございません

 

新商品が入荷してきております!

「特椀」 ¥3780 (写真:右)

大野木工の作り手である、みのり工房 林郷さんの木のお椀

いままであった、「こ椀」「お椀」より一回り大きくなっての登場!
お味噌汁をいつもお代わりしちゃう方・・・
手が大きくて、普通のサイズじゃ物足りない方・・・
具だくさんのお味噌汁を召し上がる方・・・
逆に、丼ぶりサイズの汁物は、ちょっと大きすぎると思っている方・・・
絶妙なこのサイズ!
おすすめです

右から
特椀 : お椀 : こ椀 
(こちらは「とち」「くるみ」の二種類です)
家族で、お父さん:お母さん:お子さんで揃えても素敵です

 

木の器は扱い辛いのでは?と思っている方も多いと思います

が、

林郷さんの器は、耐水処理をしていますし、普通に中性洗剤で洗ったあと拭いてしまうだけ!

従来の食器と同じようにお使いいただけます

林郷さん本人がおっしゃっていますが、
木製だからといって、とりたてて気にすることはありません

日常的に使ってもらって、愛着を持ってくれることが一番

永く使っている間に、「塗装がすり減った」「落として壊してしまった」と

いうことがあれば、みのり工房では修理加工もしています

捨てる前に、ぜひ一度相談してください

 

 

日常のくらしに、ぬくもりのある木の器を気軽に取り入れてみてはどうでしょう

2011年01月 | 日誌

二度目のご来店

2011年01月16日

今日もかわいいお洋服を着て登場

 

「オードリー」ちゃん

本当に、静かで大人しい子で
最初、店内に居ることに気付きませんでした・・・

抱っこされている姿が、ぬいぐるみみたいで
よーく見ると・・・
動いた!
っていうくらい、大人しくてお利口さんです

 

また、遊びにきてくださいね

2011年01月 | 今日の『むす犬』

二人で来ました

2011年01月15日

今日は、ご主人様と

二人(犬)でご来店

 

「一花(ハナ)」ちゃん

5才 女の子

チワワ

 

お姉ちゃんです
とっても落ち着いていて、凛とした風格!
見習いたい!!
チワワって、小さいのになんか
かっこ良さや強さを感じます

 

 

そして、こちらが妹の

 

「実々(ミミ)」ちゃん

1才 女の子

チワワ

 

とっても元気
小さい体で一生懸命アピールする姿がかわいかったです
毛の色も、外人さんみたいにきれい・・・

 

また、遊びにきてくださいね!

 

やっぱり、二人(犬)だと
むす犬同士も楽しいのかな?
とても、幸せそうなむす犬たちでした

2011年01月 | 今日の『むす犬』

花巻 Fさま宅 配送

2011年01月15日

昨日はお店を早めに閉めて

花巻まで配送に行ってまいりました

 

今回納めさせていただいたもの・・・

一つ目は

「長 大作の低座イス」 二脚

畳やカーペットを傷めないように、脚の接地面積を広くする畳擦りにしてあり、
座面が広く、アームもないため自由な姿勢で長時間座れる、日本的な発想から生まれた椅子です
背もたれと座面が体にフィットして、とても安定感のある座り心地がたまらない椅子です

今回納品した椅子は、張地は二脚ともおそろいのグリーン
室内のシックなブラウンに、ほんわかとして落ち着いたグリーンがとってもハマっています

新年会中にもかかわらず、駆けつけてくれた旦那さまが
「ここの一角は、やわらかい感じにしたかった」
と、おっしゃる通り
円卓と低座イスのやわらかい木の色と張地のグリーンが
大地の中にある一角のオアシスのように、優しい雰囲気をかもし出していました

椅子自体は和の生活を基にデザインされていますが、今回Fさまが選んだ張地とお部屋の雰囲気とで、低座イスがとてもモダンで一人掛けソファの様に見えました

 

奥さまも、とっても喜んで頂いて
喜んでいる姿をみているこちらが
嬉しくて照れてしまいました
こんなに喜んで使ってもらえる低座イスは幸せ者だなぁ・・・と
子供を嫁に出す親の気持ちでした

好きな場所に気軽に移動できるのも
この椅子ならではです

二階に上がる階段の、素敵な格子の隙間から・・・

 

 

仲良く、ご夫婦で並んで座っている姿を想像しちゃいました

 

そして二つ目は

「イームズ シェルサイドチェア」

1950年の製品化以来、世界中の人に愛されてきたチャールズ&レイ・イームズの不朽の名作、イームズシェルチェア。
天童木工PLYとハーマンミラー社によるコラボレーションは、マットなブラックのエッフェルベースをオリジナルで復刻した、日本初となるクラシックモデルです

マットブラックのベースが本当にかっこよいです!
そして、シルバーベースにはないマットブラックの落ち着いた感じが
Fさま宅に本当にマッチしています

 

 

 

 

椅子の裏

 

東の大きな窓から、
朝日が差し込むこの食卓で
朝食を食べれるFさまがうらやましい・・・

 

本当にありがとうございました!
わたしたちも椅子たちの違う表情を見ることができてよかったです
そして、何よりもFさま達の笑顔が見れて本当にうれしかったです

翌日の今日も、ご来店頂いてありがとうございます!
差し入れ、楽しみに頂こうとおもいます

 

お引越し、
頑張ってくださいね!

2011年01月 | 日誌

ページの先頭へ