『てどらんご』はたのしかった

2011年05月16日

さてさて、昨日までの二日間
参加させて頂いていた鉈屋町での「てどらんご」
本当に楽しかったです
うまく言えませんが、お客様はもちろん
スタッフさんも出展者さんたちもみんな楽しんでいるのがすごく伝わってきました
やらされている感も仕事感もなく、
ただただ、みんな心から楽しそうで♪
震災や頑張ろうという空気とか
そういう事がいい意味で無く
普段のいつも通りの「みんな」がそこに居るのが、とても心地よかったです

 

あまり行く機会がなかった鉈屋町も
この街並みのステキさを再確認
古い町屋と若い人たち
古いモノと新しいモノたちとの交わりがずっと続けばいいなぁと思いました

 

 

大慈寺での「ゴミハコ」コンサートもよかった!
原敬の絵の前での演奏
お寺でゴミハコ
お寺の音の良さ
また味わえるかどうかわからない貴重な体験
いつもに増してかっこよかったです

 

また、タイムカプセルなるお手紙を10年後の自分に出しました
届くのが楽しみです
今は10年後の自分を想像してますが
その手紙を見るときは10年前の自分を思い出すのでしょうね

これは、お休み処に飾ってあった絵


鉈屋町住民の水場
盛岡三清水の「大慈清水」

 

 

 

これは実写

 

 

隣では、この水が出る井戸

 

この名水でのコーヒーは
すっきり飲みやすかったです

 こちら町屋の中に吊るされていた
「さいかち」

石鹸代わりに
食器をそのままさいかちで
洗ったりするそうです
植物の油で汚れが落ちやすいそうです

おもしろい・・・

みなさん、興味深々に
質問してくれたり
見てくれたり
お話しするのも楽しかったです

 

2日間、来訪者も多く混みこみで
ご不便をおかけした事もあるかと思いますが、来て頂いたお客様・スタッフの皆様
ありがとうございました!

2011年05月 | 日誌

ページの先頭へ