開園中

2011年05月27日

本日から古洋書の
「絵本のどうぶつえん」
開園中でございます

 

昨日の定休日に本を並べたのですが
どれもこれもイラストや色彩、紙質
遠い国の子供の名前と思われる字
どこかの国の図書館でいろいろな子供達が見たのであろう、図書カード付の本
などなど・・・
ふっと気が付くと手を止めて見入ってしまい
なかなか作業が進みませんでした(苦笑

 

 

まったくもって英語の苦手なわたしですが
書いてあることはわからなくても
絵の中の表情や全体から伝わる雰囲気で
なんとなく物語が伝わります
違っていたとしても、それはそれでいいのかな・・・と

今日、お買い上げいただいたお客様も
「どこの国の言葉かわからなかったけど、
 絵の雰囲気で楽しい物語だと思ったからこれにしました
 物語はお父さんお母さんが作って、
 子供に読んであげればいいかな・・・とおもって」
とおっしゃって、誕生日プレゼントとして連れて帰ってくれました

知らない国の子供達が見て成長した絵本を
今度は日本の子供が読んで見て成長する・・・
素敵な巡りだなぁーと実感


お店の奥にあるウッドデッキにも
鳥と犬とライオンの絵本が置いてあります

 

デッキでゆっくり座って見ても
店内のソファや椅子の座り心地を試しながら見ていただいても
お好きな場所でゆっくりしていってください

さて、せっかくなので1冊ご紹介

 

「AMAZING LOOK THROUGH Book」
アメリカの絵本作家「エド・エンバリー」の
60~70年代頃の絵本です
1ページずつだと何が書いてあるか不明な
仕掛け絵本です

 

 

写真は 表の絵

 

 

裏はコレ

 

 

透かして見ると・・・

「BEAR(くま)」が浮き出てきます

 

 

まだまだたくさんある絵本どうぶつえん
是非、ご覧に来て下さい

2011年05月 | 本日の「道具」

ページの先頭へ